TOP

自宅でAV鑑賞も良いですが、たまには風俗を利用してみませんか?風俗へ行く前には、体験談を読んで興奮度を高めるのがオススメです!はじめての方も、そうでない方も・・・きっと楽しめる体験談が当サイトにはありますよ!

キャバクラの求人はどこで探す!?

キャバクラで働きたいと考えた場合、実はかなり限られたルートでしか求人に対して問い合わせができない状況があることをご存知でない方は多いはずです。まずキャバクラ店にアプローチする可能性のある項目を挙げていきたいと思います。


~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~
① 店舗に直接訪問する。
② 店舗サイトを調べて問い合わせをする。
③ 雑誌などの広告求人を見て問い合わせる。
④ 広告求人サイトを調べて問い合わせる。
⑤ 友人知人の紹介で知る。
⑥ スカウトされる。
⑦ 他業種に勤務中に勧誘される。
⑧ 一般求人方法で知り問い合わせる。
~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~-~
大きく別けると以上の7つとなります。


それでは細かく解説をしていきます。


① 店舗に直接問い合わせて働くことになることはほぼないと言っていいでしょう
  基本的に一般企業同様に、いきなり伺っても対応してもらうのは難しいです。
  しかし、歓迎されることに変わりはありませんので、場合によってはすぐ面接されますが、
  何にしても履歴書も何もなければ、いきなり面接にもなりません。
  余程の常識外れであったり田舎者出ない限り、直接訪問は存在しないはずです。


② 店舗サイトを調べて問い合わせる場合は多いかもしれませんね。
  しかし、店舗はお店を利用するお客様に対しての情報を掲載しているに過ぎず、
  求人やアルバイトの情報を掲載している場合はほぼありません。
  また、キャバクラの業種は多くの場合で出勤情報等も含め、サイト情報を更新することが少ないです。
  ですので、情報があったとしても最新のものではない場合が多く参考になりにくいです。
  店舗を探している際に順位などを見て、目立つ店舗かどうかの参考にはなるかもしれません。


③ 雑誌などに情報があるような気もしますが、基本的に雑誌のジャンルによります。
  キャバクラは風俗ではありませんが一般業種でもありません。
  公序良俗に反するかと言われればそうではありませんが、グレーな業種な認知をされています。
  つまり、一般業界のジャンルでは求人情報さえ出すことが許されていないのです。
  ですので、余程アダルトな女性向け雑誌媒体等でないかぎり広告は存在しないです。
  一般誌などで見かけることはない為、そもそも目にする機会は皆無と言っていいでしょう。


④ 「キャバクラ 募集 求人」といったウェブ検索をしていれば嫌でも目に付くのが求人サイトです。
  ほとんどの場合、雑誌媒体等と同じようにアダルトなジャンルのサイトでしか掲載はありません。
  一般のお仕事求人情報サイトでは掲載をすることができない業種となるためです。
  多くのキャバクラで働く女性が、このようなアダルト向け求人サイトからの問い合わせになります。
  ほとんどの場合、求人情報サイトでしかキャバクラの仕事は探せないはずです。
  様々なエリアの情報がまとまっていることが多いので、北海道・東京・大阪・福岡と大都市が多いです。
  働く場所を決める意味でも情報量は多く参考になることでしょう。


⑤ 友人知人の紹介は実は多いです。しかし、その数を考えると微々たるものになります。
  それだけキャバクラの業界で働いている女性は世の中に少ないのです。
  お水業をやっている友人という存在はなかなか一般社会で出会うことはないでしょうから、
  よほど交友関係が広いか、限定的な友人関係でもない限り、しょうかいという形での入店はないでしょう。


⑥ 意外に多そうなのがスカウトです。スカウトといっても求人情報サイトでの話ではありません。
  今や条例などで厳しく制限されているような路上でのスカウト行為になります。
  現在ではもうお目にかかることも少なくなってきているでしょうから、珍しい部類です。
  ナンパ風に声を変えてくることがほとんどなので、騙されてしまう女性も多いでしょう。
  スカウトで入店する女性は店舗からすると紹介料が発生してくるので好まれない傾向が強いです。
  どこの店舗で働きたいというような希望は出しづらく、劣悪な環境の店舗に行かなければならない場合もあるでしょう。
  冷静に考えると、世の女性が嫌うがごとくメリットも全くありません。


⑦ 他の業種といっても、風俗関係やガールズバー、メイド喫茶などでしょう。
  基本的に経営している会社が同じという場合が多く、人員確保のために呼ばれる流れです。
  また、将来的にキャバクラで働かせようと考えている企業も多く、そもそも問題です。
  一般的にキャバクラは20代前半の年齢の女性がベストですので、10代~22歳くらいの女性が誘導されるでしょう。
  それまでは遊ぶ金欲しさに働いていたものがキャバクラに勤務となると人生も左右します。
  いくら美味しい時給であっても行かないほうが無難ではないでしょうか。
  180度違う業種とはいえませんが、働いている人ごとの価値観は違うので、そこは考えを変えない方が正解です。


⑧ 一般求人にキャバクラの求人は存在しません。
  紙媒体と同じように一般業種との絡みは一切ない為、掲載などはありません。
  これは看板広告などにも同じことが言えます。全うな業種ではないということを意味しています。
  しかし、飲食店などを経営しているような一般企業に就職したりアルバイトをしていて、
  「実はキャバクラをやっている・夜のお店をやっている」そっちで働かないかと誘導されることは稀にあります。
  もちろん、基本的には同意をえるものと考えられますが、こんな会社はどこにでもあるものではありません。
  ですので、一般社会の範囲内ではそもそもキャバクラ業種の求人に関わることはないのです。


以上、キャバクラ店に勤めるまでの経路やアプローチに関して各項目ごとに解説をしてみました。
そうそう普通に生きているだけではたどり着けない世界だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
もちろん自力で求人を探している人は自然とたどり着いてしまう可能性は十分にあります。
『高収入 アルバイト』『高自給 求人』などで調べると風俗と並びすぐにたどり着くことができます。
最終的には求人に応募したところで実力と経験がものをいう世界であることを知ることにはないでしょう。
まずは、体験入店からと誰もが通る道を進まされるでしょうから、なかなk希望通りには行かないでしょう。
結果、顔やスタイルが重要という結論に至ることは言うまでもありませんので、気持ちだけでは解決しないでしょう。
経験を詰み、様々な店舗を渡り歩いてこそ、良い条件の働き場を見つけられるのではないでしょうか。


高級デリヘル嬢はやっぱり床上手です

予定の到着時間より10分遅れて女の子がホテルに来てくれました。ネットのプロフ画像よりちょいポチャですが許せる範囲で。にっこりスマイルがチョー可愛いですよ。今回は高級デリヘル店では最短の70分コースなので挨拶もそこそこにプレイ開始です。それでも服を脱がしてくれるのは基本のようでテキパキとこなしてくれますよ。女の子は自分で脱ぐのですが、私は先にシャワールームに入ります。脱衣シーンを見るのが楽しみなのですけど、時間が許してくれないようですね。シャワーではとくにエロチックな場面はなく、女の子の裸体もしっかりとチェックすることもなく、さっさとシャワーを浴びてベッドへ向かいます。無料オプションのローターなどもあったのですけど、これも今回は、カッツ・アイです。すぐに女の子が私の上に乗って来てくれてキッスの嵐ですよ。ちんこがすでにフル勃起なのですけど、うまく股間に挟んでくれて身動きできないようにしてさらにキッスを浴びせてきます。そのままリップからフェラチオ、そしてスマタと流れるようなプレイですぐにザーメン発射となりました。このあたりはさすがの床上手ですね。


久しぶりにデリヘルで大失敗

最近はあたりの女の子が続いていたのですが久しぶりにデリヘルで失敗しました。ルックスはそれなりに満足できる感じだったのですが、性格とか喋り方が許せませんでした。こちらを完全に下に見ているのがバレバレで、腹が立って仕方がありませんでした。向こうとしてはそんなつもりはないのかもしれませんが、洋服を脱ぐときも全然手伝おうとしないし、サービスの内容も自分の好き勝手にやるし、本当に最低な女でした。自分のことはかなり可愛いと思っているようで、何で指名客が増えないのか悩んでいると話していましたが、接客態度がなっていないのが原因だろうと心の中で怒鳴りつけてやりました。空気が悪くなるのは嫌だったのでとりあえずは、やることだけやって帰ってもらいましたが、最後まで嫌な感じが残りました。お金を払っているのにあんな態度をとられるなんて最低だと思います。もう少しまともな女の子と遊びたいと思いました。前々回の女の子をリピートしておけばよかったです。